読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈とストロベリー

表記ゆれは感情のあらわれ

スイッチどこ

高校生のころ、友達の誕生日に文庫本をあげるのが好きだった
といっても自分のおすすめを贈るんではなくて、ヴィレッジヴァンガードに置いてあるなかから、

・受け取ってパッと目を惹く
・重く感じない(暇なときに気軽に読みやすい、話題にしやすい、別に読まなくてもいい)
・自分でも読みたい
・かといって自分には買わない
・でも贈られたら絶対読んじゃう

くらいの条件で探す
誰になにを贈ったかってもう全然覚えてないけど、
一冊だけ印象に残ってる

その子も喜んでくれて、おもしろかったよーって言ってくれた

…ここでバーンとAmazonの商品情報を貼りつけられたらいいんですけど、
どう検索しても出てこなかった!
なんてこった
印象に残ってるんじゃないのかよー

スイッチの写真集的なあれだったんですよ
雑誌のSWITCHじゃなくて、ボタンとスイッチのスイッチ
その写真集みたいな
文庫で
世界にはこんなスイッチがあるんですよーみたいな

いくら検索しても出てこないからすべてが記憶違いな気がしてきた
スイッチの本をあげたことも、文庫本をあげるのが好きだったことも、高校生だったことも、
自分の存在も…

なんつって

 

 

今週のお題「プレゼントしたい本」