読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈とストロベリー

表記ゆれは感情のあらわれ

書方箋

徒然

(承前)死ぬ勇気も生きる勇気もない人間の戯言

積読が増えた
積読は積んどくに限る
この間部屋で物音がしたので行ったら積読のタワーが崩れていた
積読は崩れてからが本番
うちの積読がやっと積読になった

自分の言葉に救われた
支出の内容にアイデンティティが出る

paperbags.hatenablog.com

本に時間とお金をかけてるときがすごく幸せで違和感もないことに気づいた。


気分がもやもやくさくさしたときは本屋へ行く
行くだけでいいけど、行ったら絶対に本を買ってしまう
本を買うつもりで行くわけじゃなくても、退店するときには袋を提げてる
あれはなんでだろう
そのわりにウィッシュリストの本は消えない、増えていく
積読も増えていく

でも、それでいい
すごい人はもっと積読で悩まされている
とかなんとか言い訳して、今日も本屋へ行く
本屋は病院で、本当は遊園地で、宇宙で、そこにいる間はなにからも解放されるから

 

私の本棚 (新潮文庫)

私の本棚 (新潮文庫)