読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

退屈とストロベリー

表記ゆれは感情のあらわれ

ホラー映画に出てくる得体の知れないものと対峙したときの顔

先人の思想を取り込んでいかなきゃならない。深く考え込んでも自分にはその深さに耐えうる思考回路がない。思想を吸収するしかない。嚙み砕いで飲み込んで自分のものにして、さらなる深みへ行かなきゃならない。深淵を覗いてこなきゃいけない。この空虚感、諦観、停滞、心の鉛の原因がそこにある気がする。解決しないとならない。そこになかったときのことは考えない。また別の深淵にあるだろうから。